コエンザイムQ10の特徴 今話題のコエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10の特徴

体内でも生成されているコエンザイムQ10は、細胞のあちこちに存在します。特に心臓組織には他の臓器と比較して、 より多くのコエンザイムQ10が含まれています。コエンザイムQ10が欠乏すると最初に心臓に影響が出やすいとされます。 身体の細胞の隅々にまで存在するコエンザイムQ10は、免疫力をアップにも関わっています。

体内の様々な酵素の働きを助けるコエンザイムQ10は、人間の活動の根源に関わっています。 細胞の働きを活発化させる機能も持ち合わせています。 特に抗酸化物質の代表であるビタミンEや他の抗酸化物質と同様に脂質膜及び血しょう脂質のダメージから守るのが特徴です。

油に溶ける脂溶性成分である点が、コエンザイムQ10の特性の一つです。 油に溶かせてソフトカプセルなどにしてサプリメントで摂取するのが主流です。人によっては、 カプセル状は飲みにくいと感じることがあるようです。楽にコエンザイムQ10が摂取できるようにしたのが、 コエンザイムQ10ドリンクexです。飲むという形でコエンザイムQ10を摂取できるようになり、 サプリメントを持ち歩きたくない方やカプセルが不得手な方にも受け入れやすくなりました。

コエンザイムq10の特徴

コエンザイムq10は日本産まれです。ではいったいどんな働きがあるのでしょうか。 学校で勉強したことを思い出す方も多いかと思いますが、私たちが生きるために必要なエネルギーをアデノシン三リン酸(ATP)といいます。 このATPを作るのに不可欠なのがコエンザイムq10なのです。細胞一つ一つに存在するミトコンドリアの中で、栄養素が燃焼され、 エネルギーを作り出しています。コエンザイムq10はこのミトコンドリアの中に存在しており、エネルギーを作り出す作用があるのです。

コエンザイムq10が不足してしまうとどうなるのでしょうか。心臓病などのさまざまな病気を引き起こしやすくなったり、 体の機能や免疫力が低下するとともにエネルギー不足になってしまいます。歳とともにコエンザイムq10は不足していくので、 上手に補っていかなければなりません。一日に必要な量(30〜60mg)を摂取するには、かなりの量の食物を摂らなくてはなりません。 ですから、サプリメントなどで補う必要があるのです。

コエンザイムq10の働きにはもう1つ、抗酸化作用というものがあります。それはかなり強力な作用で、細胞を酸化から守ってくれます。 私たちの体内を守るために作られる活性酸素は生きていくうえでは必要なものです。 しかしストレスや疲労によって増えすぎてしまうことがあるのです。活性酸素の増加は細胞破壊の原因となります。その結果、動脈硬化や心臓病、 糖尿病などを引き起こしやすくなるのです。

体の酸化を防ぐためにこの活性酸素を抑制する働きをするのがコエンザイムq10です。 私たちの体にとってコエンザイムq10はとても重要な役割を果たしてくれているのだといえます。

コエンザイムQ10リンク集
ウエスト痩せ 太ももダイエットにチャレンジ!! デトックスダイエット 漢方ダイエット ダイエットで痩せる やせたい人のためのメモ 岩盤浴で痩せられる? 福祉の仕事と福祉の資格 西洋占星術研究家 鏡リュウジ テレビ、ネットで話題の占い特集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。